7月24日新着


「生誕100年記念シンポジウム 亀倉雄策のデザイン 未来に向けて」に300人を無料でご招待

日本グラフィックデザイン史にさん然と輝く存在、それが亀倉雄策です。亀倉のデザインは今なお人々を魅了し、影響を与えています。
生誕100年を記念して、亀倉のデザイン、未来に向けたデザインの可能性を考えるシンポジウムに300名様を無料でご招待します。

 

◆開催日時:9月8日(火)14:00~16:30(13:30開場)

◆会  場:TOKYO FMホール(千代田区麹町1-7 FMセンター2F)

◆プログラム
基調講演「1964年のデザイン」
 永井 一正 (グラフィックデザイナー)
セッション「未来へつなぐ 亀倉雄策の精神」
 青木 史郎 (日本デザイン振興会常務理事)
 佐藤 卓 (グラフィックデザイナー)
 原 研哉 (グラフィックデザイナー)
 野地 秩嘉 (ノンフィクション作家)
 細谷 巌 (アートディレクター)
 総括=浅葉 克己 (日本グラフィックデザイナー協会会長)
 司会進行=大迫 修三 (日本グラフィックデザイナー協会事務局長)※敬称略

◆主  催:毎日新聞社

◆後  援:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会、 日本デザインコミッティー、亀倉雄策賞事務局

◆協  賛:NTTグループ、TDK、モリサワ

◆協  力:竹尾、リクルートホールディングス

◆応募締切:8月20日(木)

◆定  員:300名様(参加費無料。応募者多数の場合は抽選、当選者には参加証をお送りします)

 

※お預かりした個人情報は、本シンポジウムの参加証の発送及び統計資料作成のためにのみ使用します。

<お問い合わせ>
毎日新聞社内 毎日企画サービス「生誕100年記念シンポジウム」事務局
Tel. 03-3212-2275(平日10~17時)

 

応募はこちらから

ページ上部に