5月17日更新! new

 

まいたび(毎日新聞旅行) おすすめ旅行のご紹介。

観覧席から見る京都祇園祭と二つの世界遺産「龍安寺」「仁和寺」特別拝観

夏の京都の風物詩で、ユネスコ認定「無形文化遺産」にも数えられる京都祗園祭りへ。
京都祗園祭りは、八坂神社を始めとした祇園神を祀る神社の祭礼であり、7月1日の吉符入り(きっぷいり)から17日の前祭巡業を中心に約1ヶ月間行われます。
7月16日に行われる、『宵山(よいやま)』では、京都の町の中に山鉾が置かれ、鉾に飾り付けられた駒形提灯が夜の闇の中でゆらめいて幻想的な世界が広がります。他には世界遺産の仁和寺や龍安寺を特別拝観で巡ります。

写真1・京都祇園祭

写真2・仁和寺(写真は春)

 

①昼②朝・昼食付き。東京駅(品川・新横浜駅途中乗下車可能)発着。1泊2日。お申し込みはお早めに。

 

【コース番号:E0033】観覧席から見る京都祇園祭と二つの世界遺産「龍安寺」「仁和寺」特別拝観

 

①東京(8~10時発)―(品川・新横浜)―<新幹線>―京都=<貸切バス>=鉾町(町屋巡り⇒鉾が間近に見られます~旧家は屏風や家宝を公開)=神泉苑(祇園祭発祥地)=四条通(祇園祭宵山⇒山鉾の提灯と祇園囃子、各自ホテルへ) 宿泊 : 三井ガーデンホテル京都三条または四条・洋室
②=御池通(祇園祭山鉾巡行⇒観覧席付き)=龍安寺(石庭と通常非公開の茶室蔵六庵、徳川光圀の寄進とされるつくばい)=仁和寺(非公開重文・遼廓亭⇒尾形光琳の茶室、非公開重文・飛濤亭⇒光格天皇遺愛の席と伝えられる草庵式本位の茶席)=京都(新横浜・品川)―<新幹線>―東京19~21時着

 

7月16日(日) 69,800円(2名1室)、71,800円(1名1室)

 

詳しくは「まいたびjpコース詳細ページ」へ

 

※初回ご予約には会員登録が必要です。

会員登録はこちら

ページ上部に