4月17日更新! new

エンターテインメントであれ純文学であれ、小説には最低限の基礎があります。もっとも大きなところでは、ストーリーと人物造形があるでしょう。エンターテインメントはそれを守り、純文学ならそれをある程度壊さなければなりませんが、いずれにせよ、その基礎を知らないことには守りようも壊しようもありません。   
「小説は自由だ」と言われますが、「自由」になるためには「何から」という自覚がまず必要なのです。この講座では、ストーリーと人物に関する基礎的な決まりについて、なぜそれが重要なのか、ということの理解を踏まえながら学びます。

 

☆講座の進め方
プリントを配りつつ、講義の形で進めます。実作についてはいつ提出していただいても構いませんが、最終講の前には一度出していただき、最終講でそれについてコメントいたします。

 

講習日 第1・3水曜日 19:00~20:30
   5月16日~7月18日 全6回
   [5/16・30、6/6・20、7/4・18] ※5月は第3・5週です。

受講料 15,000円(税別・6回分) 

教材費 200円(税込・6回分)

 

 

詳しくは<毎日文化センター(東京)>

ページ上部に